Motoki Risa

【本木理紗】

2010年3月 女子美術大学芸術学部工芸学科 ガラスコース卒業
2013年9月 明星大学人文学部 心理・教育学科(通信課程)卒業
2013年4月〜2017年3月 女子美術大学 デザイン工芸学科 
            工芸専攻ガラスコース助手
2017年3月 女子美術大学大学院 美術専攻博士前期課程 入学

「私はガラスという素材が「記憶を持つ素材」であると感じている。
それは、冷めることで形を保持できるということと、どんな形になっても
一度形成したことのある形を記憶しているということである。
 素材の「感情」とも言える柔らかさや硬さ、粘度は
手を伝って私の記憶や感情をありとあらゆる角度から刺激してくる。
悲しさや嬉しさなどの感情を超えて不意に涙が溢れてくる事もある。
 作品のアイディア自体、無意識に目にする景色の中にある
温かさや安心感を感じることのできる「好景」の中で目にした形、
感じた感情の残像がふとした瞬間に重なり合い形となる。
その残像は目にした瞬間、記憶としてしまわれる。
「今日は楽しかったね」といった具合の記憶にはならない。
「無意識の引き出し」に無造作にしまわれていく。
その「引き出し」にしまわれたものは、別の日、別の場所で目にした形や
無意識に引き起こされた感情をきっかけに頭の中に引き出され、
それは一つの形となって現れる。
 別々のきっかけでしまわれた感情や記憶が、さらに別のきっかけで引っ張り出され
一つの形になることで、私の感情と記憶は無秩序にひっくり返される。
そのぐちゃぐちゃになったものを一つ一つ整理していく作業が私にとっての制作活動である。」

2009年4月 グループ展「そこに在るガラス展」 参加(ギャラリーファンナーン)
2009年11月 第22回新島国際ガラスアートフェスティバル 参加
2009年12月 グループ展「丸山陽子とアトリエcomの作家たち展」 参加(ICHYSGALLERY)
2011年8月 グループ展「freely」 参加(Galerie Juillet)
2012年8月 グループ展「アトリエCOM35周年展」 参加
         (三軒茶屋キャロットタワー)
2015年11月 女子美術大学 「助手展」 参加(ギャラリー1900)
2015年11月 女子美術大学「ガラスコース教員展」 参加(誠文堂ギャラリー)
2016年9月 第52回神奈川県美術展 入選
2016年10月 グループ展「丸山陽子とアトリエcomの作家たち展」 参加            (ICHYSGALLERY)
2016年11月 女子美術大学 「助手展」 参加(ギャラリー1900)
2016年12月 女子美術大学 デザイン・工芸学科 工芸専攻教員展
        「創る、伝える、繋がる」(女子美アートミュージアム)
2107年5月 「JOSHIBISETAN」 出品(伊勢丹相模原店)
2017年6月 グループ展「Akiko Yuasa×Risa Motogi」参加(スペース游)
2017年8月 グループ展「アトリエCOM40周年展」 参加
         (三軒茶屋キャロットタワー)
2017年10月 第9回雪のデザイン賞 入選
2017年11月 「みんなの未来展VOL.3」出品(女子美術大学付属中学高等学校エントランスギャラリー
2017年11月 「彫刻の五・七・五-かたちで詠む春夏秋冬-」参加
         (女子美アートミュージアム)
2018年8月 グループ展「潜」 参加(Room_412)
2018年9月 第54回神奈川県展 入選
2018年10月 第14回日本のガラス展 入選