Home


Room_412 は、絵画・造形・インスタレーション・書画・写真・映像などの表現の場としてご利用いただけます。現在2019年10月までの予約を受付中です。
内覧ご希望の方は、Contactページのお問い合わせフォームよりご連絡いただくか、Tel: 050-5319-8428 もしくは E-mail: info@room412.jp 担当:伊東までご連絡ください。


【Now Showing】


【Scheduled exhibition】

ayanoanzai solo exhibition
 ”muneni-tewo-atete”

他者とのコミュニケーションにおける自身の空想的な欲求をモチーフにしたインスタレーションを展開します。

【展示期間】
2018年10月23日~10月28日

【開廊時間】
13:00~21:00

【Reception Party】
2018年10月26日 18:30~20:00


【Scheduled exhibition】

谷本梢 個展 「部屋」

 金沢美術工芸大学、修士課程、美術工芸研究科、絵画専攻、油画コース2年に在籍している谷本梢による絵画作品の展示である。
 作者はドローイングの手法を用いた作品を制作しており、線や幾何学的模様による人の感情を表現しようと試みている。ドローイングは単純にモチーフを描く表現だけではなく、痕跡の積み重ねであると考えている。何の変哲も無い1本の線を描いては消し、描いては消し、そして巻き戻ることの無い無数の跡が時間の重みを表現している。人の感情は生きている時代や周りの環境の影響を受け日々変化する。繰り返される日常を生きて感じる切なさ、やさしさ、やりきれなさをユーモラスに表現している。

【展示期間】
2018年10月30日~11月4日

【開廊時間】
12:00~20:00

【Opening Reception】
2018年10月30日 18:00~20:00

【展示歴】
2013年 oterart2013 「光と影の発電機」
2015年 グループ展 モノクロ4ch(石引アートベース、竪町ムロノコレクションビルF1/金沢)
    グループ展 もり展 (PORTE /金沢)
2016年第3回CAF賞入選作品展覧会(アーツ千代田3331/東京)
2017年 個展 (gallery点/金沢)
【受賞歴】
2015年 第3回宮本三郎記念デッサン大賞展 入選
2016年 第3回CAF賞(Contemporary Art Foundation) 入選
2017年 第4回宮本三郎記念デッサン大賞展 佳作賞
2018年 KANABIクリエイティブ賞2018 受賞
2018年 第61回新象展・大阪展 大阪市長賞 


【Scheduled exhibition】

S.Villon

S.VILLON ( エス・ヴィヨン) の初めての展示会をRoom_412 にて行います。イラストレーションの展示・一室を使用したウォールペインティングの他、トートバッグ・ミニタオルのグッズ販売も予定しています。近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

【展示期間】
2018年11月06日~11月11日

【開廊時間】
11:00~20:00

【プロフィール】
S.VILLON | エス・ヴィヨン
1995 年生まれ。東京在住。2018 年から イラストレーション・カリグラフィーを始める。
Web:svillon.com


【Scheduled exhibition】
ニシムラアユミ/Joe Ohara/春菊(水引アクセサリー)/Sonoji/碧彩「白昼夢」

繰り返される願いの中でそれでも生きた昨日を想う
写真展示とインスタレーション、アクセサリー展示・販売。全員初挑戦の展示になります。温かく見守ってやってください。
http://ayuminium.com/hakuchuumu

【展示期間】
2018年11月16日~11月18日

【開廊時間】
16日 14:00-21:00
17日 11:00-21:00
18日 11:00-17:00

【プロフィール】
・ニシムラアユミ
1996年生まれの大学4年生、神奈川湘南
自分勝手に写真を撮り続けています。
日常の中の非日常、絶望の中の希望、希死念慮の中の生存願望、不幸の果ての幸福を。
Web:ayuminium.com
Instagram:_ayuminium_
Twitter:@_ayuminium_

・Joe Ohara
インスタレーションからWebまでテクノロジーを用いてエンターテインメントを届けます。
Web:https://joe-ohara.com
Twitter:@JoeSpyair

・春菊
ご祝儀袋にかかっているリボンのようなもの(水引)を愛でています。不幸を意味する白黒水引をメインに、めでたい日もめでたくない日も一緒にいられるアクセサリーを作りたい!
Instagram:shungiku.jp
Twitter:@shungikujp

・Sonoji
20代会社員
Instagram:sonoji_p_n

・碧彩
学生2人組
どんな色にも染まれる柔らかさをモットーに、喜怒哀楽を豊かに撮ってます。
展示は初めての挑戦です。戦場に武器も持たずに出掛けていく気分です。優しい目で見てください。
Instagram:aoirogramer
Photographed:@_rockgram3


【Scheduled exhibition】


【展示期間】
2018年11月20日~11月25日

【開廊時間】
11:00~20:00

【作者は病気団について】
作者は病気団とは肉体や精神に疾患・障害を抱えた当事者たちが
アートによる自己表現を通じ、各々の目的にあった活動をしていくアート団体です。
セラピー目的でも自己掲示欲目的でも構いません。
『自分たちが生きていた証を残していく』のです。

今回が「作者は病気団」として初の展示となります。

【参加メンバー】
星野児胡/リョナ嬢/30_/苺野さしみ/春麗らむ/縫羽
けしこ/日除草円/ななを/嶋真嗣/ゲシュタルト崩壊フラグ
廻醂/いる/野田/花鳥/シオツカナノカ

【作者は病気団ホームページ】
http://shbdan.info/


【Access】
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町15-8 高木ビル412号室
Tel: 050-5319-8428

階段で4階までお上がり下さい。

Entrance

 

【フロア概要図】

【利用料金】
原則として7日間(月曜日午後~月曜日午前)1単位をワンクールとし、当ギャラリーホームページでの告知を含めて、ワンクール80,000円(税別)としています。学生及びそれに準ずる方には割引があります。また、個別に利用規約(terms of useのページに記載)に規定されている事項のご相談にも応じます。設営期間として相応の日数が必要な場合などもご相談ください。