Home


Room_412 は、絵画・造形・インスタレーション・書画・写真・映像などの表現の場としてご利用いただけます。現在2020年2月までの予約を受付中です。
内覧ご希望の方は、Contactページのお問い合わせフォームよりご連絡いただくか、Tel: 050-5319-8428 もしくは E-mail: info@room412.jp 担当:伊東までご連絡ください。
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町15-8 高木ビル412号室 >>Google map


【Next Exhibition】
 辻 響己 個展「 remain」

私は確かな存在を求めて絵画の延長線として立体作品を制作している。

平面と立体の狭間にある像はどれも実体を覆い隠され、奪われ、引き剥がされているが、それでもそこに留まろうとする「人」の姿である。

人の本質とは何なのか、それは何処にあるのか

描く行為と触覚的な行為。二つのアプローチから曖昧な人の本質の正体と在処を模索し、確かな存在として残していく。

                                                           辻 響己

【展示期間】
2019年3月12日(火)ー3月17日(日)
※会期中無休

【開廊時間】
11:00~20:00
※最終日は17:00まで

【Artist】
辻 響己
1997年 三重県出身
2019年東京造形大学 造形学部 美術学科
絵画専攻在学中

【展示歴】
グループ展
2018「ing」東京造形大学CSギャラリー


【Scheduled Exhibition】
Room_412企画展示 「 narrative 」

この度、渋谷Room_412では4月2日から14日までkafkanako キュレーションによるグループ展「 narrative 」を開催いたします。

ナラティヴ(narrative)という言葉は、物語、語りという意味です。語られた言葉、内容、語り口などを指します。音声や文字で表されるものだけではなく、語られる時の身振りや表情など非言語的なものも含みます。非言語的なものも含むということは、作家におけるナラティヴとは作品なのではないでしょうか。
 ステートメントなど、作品だけでなく言葉で伝えることが重要視されていますが、まず必要なのは非言語的なナラティヴであり、その上で解説や作家自身との会話を通して意味を理解したり、想像力を広げるのがアートだと思います。
 また医療においてもナラティヴが活用されています。痛みなど具体的な症状のほかに、受診したほうが良いと考えるにいたった気持ちや、治療への期待といったものがあり、こうした気持ちや期待は、患者自身のこれまでの人生や考え方、信条が関係しています。こういった患者の心の奥深くからの語りを医療者側は真剣に受け止め、対話をして、それを深めることによって問題の解決を図ろうとしているのです。
 人生や考え方、信条、それを作家たちは作品に込めますが、過去も現在も未来についても、まだ固定化できない状態です。人は現在と未来については、変えられると考えがちですが、実際には過去も再解釈により変化していきます。ナラティヴとは、この過去の再解釈による、現在と未来のさらなる変化を指しています。
 ナラティヴの研究者、マーシャ・ロシターは、「ナラティヴは意味づけの行為であり、経験に意味を与えていく方法である」と示しています。経験がどういう意味をもち、固定化されない変化を持つ語りが、どう作品に反映されていくのか。

一緒に物語を紐解きましょう。

【展示期間】
2019年4月2日(火)ー4月15日(日) ※会期中無休

【開廊時間】
11:00~20:00

【Artist】
・青木香織(@aoki_kaori_
・キセ サクラ(@sakura_____kise) http://sannroku.tumblr.com
・竹下真澄((@masumitakeshita
・むくむくしたけもの(@mukukemo) http://mukukemo.web.fc2.com
・むすび(@musssbi)  http://musssbi.tumblr.com
・escocse(@escocse) https://www.instagram.com/escocse18/
・kafkanako(@kafkanako)/ 企画 https://kafkanako.net

【ダウンロード】本展のプレスリリースはこちら⇒Download


【Access】
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町15-8 高木ビル412号室 >>Google map

Tel: 050-5319-8428

階段で4階までお上がり下さい。

Entrance

【フロア概要図】

【レンタルギャラリー利用料金】
原則として7日間(月曜日午後~月曜日午前)1単位をワンクールとし、当ギャラリーホームページでの告知を含めて、ワンクール80,000円(税別)としています。学生及びそれに準ずる方には割引があります。また、個別に利用規約(terms of useのページに記載)に規定されている事項のご相談にも応じます。設営期間として相応の日数が必要な場合などもご相談ください。