Home


Room_412 は、絵画・造形・インスタレーション・書画・写真・映像などの表現の場としてご利用いただけます。現在2019年6月までの予約を受付中です。
内覧ご希望の方は、Contactページのお問い合わせフォームよりご連絡いただくか、Tel: 050-5319-8428 もしくは E-mail: info@room412.jp 担当:伊東までご連絡ください。


【Now Showing】

中山颯太個展 “消えたぼくらは泣いている”

【展示期間】
2018年9月9日~2018年9月23日

【開廊時間】
13:00~20:00
【展示内容】
 中山は1999年埼玉県出身の若手ながら、2018年3月に自身の個展を開催、また第71回日本アンデパンダン展に参加するなど精力的に活動している若手美術作家です。
既存のアカデミックな美術教育や商業美術シーンからは一線を画し、独自に自らの表現を模索している稀有な才能として注目を集めつつあります。
 本展では、個人の存在の曖昧さとそれに伴う不安感・焦燥感・社会からの疎外感など現代社会に充満している漠然とした閉塞感を表出させた平面作品を展開し、独特な展示空間を構成していきます。
この機会に是非、中山颯太の孤高の表現の世界をご高覧賜りますようお願い申し上げます。

【作家情報】
【個展】
2018年 3月 「僕が死んだ日」 上野桜木 gallery KAZANE
5月 「黒」 新宿 BAR雨

【グループ展等】
2018年 3月 第71回 日本アンデパンダン展 国立新美術館
8月 「ゆらぎ展」 原宿 デザイン・フェスタギャラリー

11月「―OASIS特別展― 日本美術-和魂洋才」リンダ・ファレル・ギャラリー
   (Linda Farrell Galerie d’art)フランス パリ


【Scheduled exhibition】

劉 浩然 “Lotus・Dream”

【展示期間】
2018年10月1日~2018年10月7日

【開廊時間】
11:00~20:00
最後日のみ19時終了

【展示内容】
「蓮・夢」というテーマで、蓮の花の綺麗な姿を通して、人々にメッセージを送りたいです。人の人生は泥水の中にあるようなものです。しかし、私達は泥の中でも決して染まらず、清らかな心を保つのは大切です。
 本展は、ハスをテーマとして、写真、水墨画、油絵、ビデオという様々な表現形式で構成します。

【作家情報】
劉 浩然
1993年生まれ、中国出身。多摩美術大学大学院絵画学科油画専攻在籍中。
E-mail: 15134779060@163.com
instagram: @ranran_ku


【Access】
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町15-8 高木ビル412号室
Tel: 050-5319-8428

階段で4階までお上がり下さい。

Entrance

 

【フロア概要図】

【利用料金】
原則として7日間(月曜日午後~月曜日午前)1単位をワンクールとし、当ギャラリーホームページでの告知を含めて、ワンクール80,000円(税別)としています。学生及びそれに準ずる方には割引があります。また、個別に利用規約(terms of useのページに記載)に規定されている事項のご相談にも応じます。設営期間として相応の日数が必要な場合などもご相談ください。