Home


Room_412 は、絵画・造形・インスタレーション・書画・写真・映像などの表現の場としてご利用いただけます。現在2022年12月までの予約を受付中です。
Scheduleページをご参照の上、お問合せください。
また、Specificationページに記述してあります機材は全てレンタル料金に含まれております。
内覧ご希望の方は、Contactページのお問い合わせフォームよりご連絡いただくか、
Tel: 050-5319-8428
E-mail: info@room412.jp 担当:伊東までご連絡ください。
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町15-8 高木ビル412号室 >>Google map
東京都公安委員会許可 第303311806184号 美術商


・Room_412は、取扱作品をOIL by 美術手帳に出品しております。
OIL by 美術手帳の弊廊ページをご参照ください。

【出品作家】
Ohmoto rina いしかわまなみ
岩崎 奏波 菊地虹
荒川弘憲 寿司みどり
上村さくや 谷本梢
本木理紗 石山未来
木村有輝子 林深音
石川貴大 石井孟宏
佐々木万志帆

【Now Showing】

<企画展示> 樺山祐人 個展 -視線ー

2021年9月14日(火)~2021年9月26日(日)
11:00~20:00
※会期中無休

“Gaze” (2020) 1620×1303㎜ キャンバスに油彩,マーカー

私は主に、日常で感じる違和感について制作してきた。それは、自分がこの世界で生きている違和感から始まり、身近にいる友人や道ですれ違っていく他者や動物、そして風景へと広がっていった。この違和感を現在、自分が生きる社会へ広げて作品にしている。
今の社会を生きる不安や憤り、矛盾、そしてコロナパンデミックが加わり、若者の一人である自分が感じる迫り来るような不安と社会の圧迫感、それを体全体で跳ね返し何かを訴えようとする力、それら全てを全面に押し出して鑑賞者に感じて欲しいと思い制作を続けている。
今回の個展の副題である「視線」は、そんな今の社会情勢に対して自分が見て、感じたものを表現したものである。

“ダブル” (2020) 227×158㎜ キャンバスに油彩,スプレー

【Artist】
〇樺山祐人
1997年   埼玉県出身
2020年3月 多摩美術大学絵画学科油絵専攻卒業
2020年4月 多摩美術大学大学院絵画専攻油画研究領域 博士課程前期入学

展示歴
2017年 ラーメンと妖精展 アートスペースココノカ
2019年 集い展 多摩美術大学
2020年 絵画世界大賞展 東京都美術館
2021年 絵画世界大賞展 東京都美術館
2021年 キッズアートギャラリー
入間市博物館アリット
受賞歴
2019年 卒業製作 優秀賞 福沢一郎賞
2020年 世界絵画大賞展 協賛社賞

“Sink” (2020) 227×158㎜ キャンバスに油彩,スプレー,マーカー
“ぼーっとする” (2021) 陶器
“退屈だ” (2021) 陶器

【Scheduled Exhibition】

<企画展示> 五十嵐あきら 個展 「銀のスプーンみたいな日」

2021年10月13日(水)~2021年10月24日(日)
11:00~20:00
※最終日24日は17:30まで
※会期中無休

この一年半は社会と隔たれた状況下での制作だったので、ある素材から次の素材へあれこれ捏ねくり回し自分と世界の繋がりを確かめるようにして制作を行いました。
今回の展示ではコロナ禍で私の支えとなった数々の風景たちをモチーフに様々な素材・技法を用いて制作した作品を展示します。停滞して凝り固まってしまった日常に、小さな風穴を空けられたらと思います。

【Artist】
〇五十嵐あきら/Akira Igarashi
1999年東京生まれ
2017年 東京藝術大学美術学部入学
2018年 芸大生有志による「東大寺本坊展」奈良東大寺本坊
2020年 有志展示3人展「BIGBREAKFAST」上野藝大ギャラリー
2021年 東京藝術大学美術学部卒業
Tokyo midtown award2021 一次審査通過
個展「銀のスプーンみたいな日」room_412

HP : https://akirapono.myportfolio.com/home


【Scheduled Exhibition】

矢田明子 個展 「大脳皮質をあそばせて」

2021年10月26日(火)~2021年10月31日(日)
11:00~20:00
※会期中無休



大脳皮質は大脳の表層を覆う灰白色の部分で、感覚・運動および精神活動の中枢があるそうです。私の絵画作品も大脳皮質を使い、あそばせながら夢中になって描いています。絵を描いていると脳の働きが普段と違うのではないかと感じる時があり、不思議に思います。

皆さんも大脳皮質をあそばせて、存分に発達させて、私の絵を自由自在に観てほしいです。そしてお気に召したのがありましたら、ぜひそばに置いてほしいです。私の絵を通して日々の生活で脳を活性化させてください。

化学反応
「化学反応」38×45.5cm、ミクストメディア、2021

【Artist】
〇矢田明子 Akiko Yada
2010年頃から独学でアクリル画を学び、さらにその上に布やリボン、ボタンなどをコラージュする作品を創っている。自然や世界、宇宙、人生など、私を取り巻く大きな存在の営みやそこで起きる現象に興味がある。
★近年の個展
2017年 同時代ギャラリー・コラージュ(京都)
2018年 マキイマサルファインアーツ(東京)
2019年 アートギャラリー北野(京都)
2020年 ガレリア円町(京都)
2021年 アートギャラリー北野(京都)

大脳皮質をあそばせて
「大脳皮質をあそばせて」24.2×33.3cm、ミクストメディア、2020

【Access】
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町15-8 高木ビル412号室 >>Google map

Tel: 050-5319-8428

階段で4階までお上がり下さい。

Entrance

【フロア概要図】

【レンタルギャラリー利用料金】
原則として7日間(月曜日午後~月曜日午前)1単位をワンクールとし、当ギャラリーホームページでの告知を含めて、ワンクール88,000円(税込)としています。学生及びそれに準ずる方には割引があります。また、個別に利用規約(terms of useのページに記載)に規定されている事項のご相談にも応じます。設営期間として相応の日数が必要な場合などもご相談ください。