Home


Room_412 は、絵画・造形・インスタレーション・書画・写真・映像などの表現の場としてご利用いただけます。現在2020年12月までの予約を受付中です。
内覧ご希望の方は、Contactページのお問い合わせフォームよりご連絡いただくか、Tel: 050-5319-8428 E-mail: info@room412.jp 担当:伊東までご連絡ください。
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町15-8 高木ビル412号室 >>Google map
東京都公安委員会許可 第303311806184号 美術商


【Now Showing】

Room_412企画展示
笹山直規 個展 「Still Life」

2020年4月2日(木)~4月19日(日)11:00~20:00
※会期中無休

【Event Information】
・ Opening Party 日時: 4月2日  18:00~20:00
※どなたでもご自由にご参加ください。

※作家在廊日:4月18日、4月19日

コロナウィルスの影響を考慮して、下記トークセッションは中止致します。

・ Talk Session
「それは、果たして死体画なのか?」
Guest : 布施英利 (美術批評家、解剖学者)
日時: 4月18日
16:20分開場 16:30開演
入場料:1000円 25名限定
申込窓口:event@room412.jp
(定員になり次第締切)

「City Girl 」53×53cm モンバル紙に水彩

絵画で「死」を表現する。

日本の仏教絵画には、美しい女性の死体が腐敗し白骨化していく様子を、9段階に分けて描いた「九相図」というものがある。
また、浮世絵師の河鍋暁斎が描いたドクロは、スルスルっと目の穴からトカゲが這い出していて、とても愛らしい。
これら動的な日本の絵画に対して、西洋の美術では、机上に砂時計やドクロを配置して描くことで「死」を隠喩的に表現していた。

私はゼロ年代から、インターネット上に氾濫する「死体画像(写真)」を素材として描いている。
どの国の何者なのか、詳細不明な死体が多いのだが、ネットでは様々な死の情報が日々更新されている。
今回の個展では、静的に「死」を表現する西洋美術に倣って、静物画(Still Life)の見立てから死体画を試みた。

「Runner」72.7×72.7cm モンバル紙に水彩

<木版画について>

神戸連続児童殺傷事件の犯人である少年Aは、
「運動会で緊張するなら、周りの人間を野菜と思ったらいいよ」と親から教わり、友人や学校の先生など、周りの人間が野菜に見えてしまう、と答えたそうだ。
KITCHEN MAMA と題したシリーズ作品は、100円ショップなどで買った「まな板」に、台所で惨殺された女性の死体を彫っている。
A FAMILY という作品は、冷蔵庫に入れて隠された(それぞれ国や時代が異なる)男女、子供の死体を、一枚の絵の中に収蔵した。

2020.4.2. 笹山直規.

KITCHEN MAMA 1 素材:木版画 22×40cm 2019年
A FAMILY 素材:木版画 18.5×30cm 2019年

【Artist】
プロフィール
〇笹山直規
略歴
2004年 大阪芸術大学美術学科卒
2005年:「群馬青年ビエンナーレ’05」 大賞受賞
2010年:「酸化したリアリティ」 群馬県立近代美術館
2019年:「VOCA展2019」上野の森美術館
その他、個展、グループ展など多数開催


【Scheduled Exhibition】

コロナウィルスの影響及び政府の緊急事態宣言発令を考慮して、下記展示は中止致します。また改めてスケジュールさせて頂きますので、情勢の収束まで今しばらくお待ちください。

Room_412企画展示
岩崎奏波 個展 「SWEETIES」

2020年4月21日(火)~5月3日(日)11:00~20:00
※会期中無休 ※最終日17時まで

「クマ」72.7×60.6cm

異なる世界との間にある境界線のような存在
みえない世界や触れられないものに対する憧れ
近づけば近づくほど浮き彫りになる違い
共に生きることの難しさ
人間と関わり合う動物たちをモチーフに、自分と他者を繋げ、同時に隔てるものをテーマに制作を行っている。

「イヌについて」91x91cm

【Artist】
プロフィール
〇岩崎 奏波
1996年 5月12日生まれ
2016年 4月 多摩美術大学 絵画学科 油画専攻 入学
2020年 4月 多摩美術大学 大学院 入学

「回転するイヌの森」116.7x91cm

【Scheduled Exhibition】

Room_412企画展示
八木 美花 個展 「Park Life」

2020年5月19日(火)~5月31日(日)11:00~20:00
※会期中無休

「Sweetest SHIBUYA」 oil on canvas 530×455㎜

わたしは物事の核となる部分を断定し、決定付けることを避ける。そのかわり、余剰部分を描き出すことで、中心部の輪郭をつかむことができる のではないかと考えている。
わたしはこの「余剰部分」を『ムード』と呼び、絵画を制作する。

「No.08」 oil on canvas 1455×1120㎜

【Artist】
プロフィール
〇八木美花
1995年 福島生まれ
2015年 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻 入学
2019年 多摩美術大学美術研究科博士前期課程絵画専攻油画 入学(在籍中)

「Park Life」 oil on canvas 530×530㎜

【Access】
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町15-8 高木ビル412号室 >>Google map

Tel: 050-5319-8428

階段で4階までお上がり下さい。

Entrance

【フロア概要図】

【レンタルギャラリー利用料金】
原則として7日間(月曜日午後~月曜日午前)1単位をワンクールとし、当ギャラリーホームページでの告知を含めて、ワンクール80,000円(税別)としています。学生及びそれに準ずる方には割引があります。また、個別に利用規約(terms of useのページに記載)に規定されている事項のご相談にも応じます。設営期間として相応の日数が必要な場合などもご相談ください。