Home


Room_412 は、絵画・造形・インスタレーション・書画・写真・映像などの表現の場としてご利用いただけます。現在20236までの予約を受付中です。
Scheduleページをご参照の上、お問合せください。
また、Specificationページに記述してあります機材は全てレンタル料金に含まれております。
内覧ご希望の方は、Contactページのお問い合わせフォームよりご連絡いただくか、
Tel: 050-5319-8428
E-mail: info@room412.jp 担当:伊東

までご連絡ください。
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町15-8 高木ビル412号室 >>Google map
東京都公安委員会許可 第303311806184号 美術商


・Room_412は、取扱作品をOIL by 美術手帳に出品しております。
OIL by 美術手帳の弊廊ページをご参照ください。

【出品作家】
Ohmoto rina いしかわまなみ
岩崎 奏波 菊地虹
荒川弘憲 寿司みどり
石山未来 谷本梢
本木理紗 上柿美喜夫
木村有輝子 林深音
石川貴大 石井孟宏
佐々木万志帆 木村謙太

【Next Exhibition】

TOMOMI 小泉茜/Akane Koizumi

-(ダッシュでもマイナスでもない)

2022629日(水)~73日(日)
11:00
20:00
会期中無休 ※6/29(水)のみ13〜20時

やさしいひとになりたい。

あなたではないし、あなたとかわってあげることもできないし、

(ほんとうはあなたなのかもしれないけど、)

なにもいわずに、そっとそばにいてあげられるような

(ときにはひとをきずつけてしまうこともわかっているけど、)

やさしいひとになりたい。

【Artist】
〇TOMOMI
1998年 千葉県生まれ
2021年3月 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻 卒業
2021年4月 東京藝術大学大学院美術研究科芸術学専攻美術教育研究室 入学
10代や20代を中心に繰り広げられるコミュニケーションやSNS文化などに興味を持ち、教育の観点から考察し、絵画制作に取り組んでいる。

〇小泉茜/Akane Koizumi
1998年 福井県福井市生まれ
2021年3月 福井大学教育学部(美術科専攻)卒業
2021年4月 東京藝術大学美術研究科(美術教育研究室)入学
現在は大学院を休学し、高校の非常勤講師として美術教育に携わりながら、地元・福井と東京の2拠点で作品の発表を行なう。”距離”や”解像度”をテーマに制作を行っている。


【Scheduled Exhibition】

山下源輝

「ad sem ble」

202277日(木)~710日(日)
11:00
20:00
会期中無休

※最終日18:00まで

例えば年輪を重ねる度に太さを増す木のように、瞬きの度、触れる度に時間や経験を溜めながらずっしりと、ふわりと重くなる。
私は作品にそんな重さを持ちながらそこに確かに佇んでいて欲しいと願い、そんな曖昧なものを取り込みながら広がったり深くなったり、突然消えたように見えるものを“溜まり”と呼んでいる。

【Artist】
〇山下源輝 Gennki yamashita
1998年神奈川出身、神奈川県在住。2022年多摩美術大学 美術学部 絵画学科 油画専攻を卒業。
姿を変えうつろい続ける“溜まり”に着目し自身の身体的感覚や体験、記憶を手がかりとしながら、どこまで行っても確信の持てない、決して知り尽くすことの出来ないものへの期待や不安を、木炭やクレヨン、油などを用いて、探るように布や紙に直接振れるように線や面を描く。
絵画を中心としてドローイングや立体作品を制作している。
主な展示、受賞歴として、多摩美術大学卒業制作展優秀賞、gallery美の舎学生選抜展奨励賞。2021年に個展「monkey’s birthday」、「pool」、グループ展「フラット三階建て」、「曖昧なうねり」など。

7/16より、笠井美香/山下源輝、二人展「ぴったりと現実と重なっているわけでもない(色と形の行為の法則)」を、TERRADA ART COMPLEX Ⅰ 内児玉画廊にて開催。


【Scheduled Exhibition】

遠藤望恵/坂本美果 2人展

「傷と闘牛士」

2022713日(水)~717日(日)
11:00
20:00
会期中無休

※最終日18:00まで

「私達は流れる時間の中を生きている。
私は特に、時間の移り変わがわかりやすい逢魔が時に心を惹れた。
せわしなく活動していた時間が終り、ゆっくりと日が沈み夜がやってくる。
世界が薄くて大きな羽衣を被ったみいに、静かに包まれていくのを体感した。
時間に囚われていることを忘れる時間が必要だと感じる。

絵の中に登場する生き物達 (クリー チャ)には流れる時間などないかのように、日々忙しく生活している私達をただ静かに見つめている。」

坂本美果

「ほんとうの主体とはなんだろうか。
自分のことだから自分で決めれるだろう?
ならその自分を形づくる外的要因は誰の意志に基いて、何に牽制されながら今日は今日になろうとしているのだろう。

「傷と闘牛士」は私が先日の卒業制作展で発表したひとつの絵のタイトルである。

傷は緊縛を必要とする者、闘牛士は緊縛師。

歪な形で愛の可能性、自分が自分であることを取り戻し 傷付けられた尊厳と愛着を克服していく二人組。 パートナー。
その「単位」に対する、私がつけられるニックネームである。

モデルの名前を聞かれた時に、私は困って「うーん、じゃあモナリザさんで。」とか言ったりする。愛しているから名前を伏せるのだ。

全てを言語化しないLOVEがあれば
センシティブであることで「アート」として排除されるような、もくはモデルに責任が課せられそう (非難が行きそう )になれば私が必死に言語化するLOVEもある。

なんなら顔をはっきり描かないことさえ、私ができる、彼女の人生に対する応援なのだ。

どうか強く生きてほしい。私もきっと強くなる。

言葉は私のもので、私は彼女のものである。」

遠藤望恵

【Artist】
〇遠藤望恵 Moet Endoh
1999.11 千葉県鎌ヶ谷市に生まれる
2018.4 東京造形大学美術学科絵画専攻 入学
2018.6 パフォーマンスナイト 東京造形大学 CS-LAB
2018.7 PCSF 東京造形大学 CS-LAB
2018.10 グループ展 銀座 Bar Re.muu
2018.10 東京造形大学CS祭(芸祭)
2018.12 是永悠之介・遠藤望恵 二人展 「routine」東京造形大学 10号館 mime
2019.9 遠藤望恵・太田龍之介 二人展 「Filtering」新宿眼科画廊
2019.10 個展 「Translation」JCA gallery 日本橋
2020.12 遠藤望恵・新井浩太二人展「warm」新宿眼科画廊
2021.3 まるやまさとわ・遠藤望恵 二人展「サンサーラ」RANZANSTUDIO
2021.8 個展「After The Blue Effect」108-トウハチ-
2021.10 東京造形大学CS祭(芸祭) 絵画作品展示&オンライン展示
2021.11 東京造形大学近藤昌美ゼミ展「意思の鳥あるいは時間の光」仙川プラザギャラリー
2022.1 ZOKEI展 東京造形大学10号館(絵画棟)P-304アトリエ
2022.2 第45回 東京五美術大学連合卒業・終了制作展 国立新美術館
2022.3 東京造形大学美術学科絵画専攻卒業

〇坂本美果 /Sakamoto Mika
《略歴》
山梨県出身
1999年6月26日生まれ
2018年4月 東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻入学
2022年3月 東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻卒業
《展示履歴》
2022年3月 坂本美果個展「よるの体温」 HIGURE17-15cas / 西日暮里
2022年2月 五美大展 令和3年度第45回東京五美術大学連合卒業・修了制作展 / 国立新美術館
2022年1月 ZOKEI展 東京造形大学 / 八王子市
2021年11月 近藤ゼミ展「意思の鳥あるいは時間の光/意思的鸟或时间的光」プラザ・ギャラリー / 調布市
2021年9月 「施美時間-現代美術×国宝×0円ハウス」アートプログラムin鶴林寺 参加 / 兵庫県
2021年8月 2人展「往復書簡Vol.4 変わり変わり、移り移り」 藍画廊 伊藤ちさと 坂本美果 / 中央区
2021年5月 2人展「乱反射」 River Coffee &Gallery  一色菜穂 坂本美果 / 文京区
2021年2月 2人展「二足歩行」 RANZANSTUDIO 太田龍之介 坂本美果 / 埼玉県
《受賞履歴》
2022年   ZOKEI展 ZOKEI賞ノミネート
2021年   第56回神奈川県美術展 特選


【Scheduled Exhibition】

REI

”Solo exhibition”

2022721日(木)~724日(日)
11:00
20:00
会期中無休

※最終日18:00まで

美容師とタトゥーアーティストの肩書を持ちながら、現代アーティストとしても躍進的に作品を発表している。自身のバックボーンでもあるストリートと文化的側面を反映させた、独特な世界観で作品を描いている。
荒々しさと繊細さを駆使した、抽象的であるがどこか具象的な作品は、生命や人間の混沌とした様子を感じることができる。

【Artist】
〇REI
1998年 神奈川県出身
コンテンポラリーアーティスト


【Access】
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町15-8 高木ビル412号室 >>Google map

Tel: 050-5319-8428

階段で4階までお上がり下さい。

Entrance

【フロア概要図】

【レンタルギャラリー利用料金】
原則として5日間(水曜日10:00~日曜日22:00)1単位をワンクールとし、当ギャラリーホームページでの告知を含めて、ワンクール88,000円(税込)としています。学生及びそれに準ずる方には割引があります。また、個別に利用規約(terms of useのページに記載)に規定されている事項のご相談にも応じます。設営期間として相応の日数が必要な場合などもご相談ください。